結婚相談所の種類・特徴

近年、晩婚化が進み、結婚相談所という婚活サービス業界も、数多く存在します。大手企業から個人経営まで、全国に約5000社あると言われています。結婚相談所のなかでも、サービスや仕組みによって大きく3タイプに分かれています。
@「結婚情報サービス型」こちらは、いわゆる大手企業の結婚相談所です。全国に支社を持ち、会員数も3〜6万人と多く、大々的な広告宣伝を行っています。費用も、2年分・40万円程の前払い制度の所がほとんどです。こちらは、情報提供がメインで、出会いの機会を豊富に提供し、後の活動は自分次第といった感じになります。A「連盟・フランチャイズ型」こちらは、昔ながらの小さな結婚相談所になります。大きなネットワークに加盟、または、フランチャイズとして傘下となっているケースが多いです。費用は、入会金に5〜10万円と、成婚時に30万円程度の成婚料を払うシステムが一般的です。こちらは、出会いを提供するよりも、結婚相手を提供するといった感じで、すぐにでもといった方にはおススメです。B「インターネット型」こちらは、気軽に婚活ができる、インターネットでのサービス提供がメインな所です。通常の結婚相談所での、直接のアドバイザーの手助けがないことから、費用も10分の1程度で済みます。インターネットの普及により、こういった形で婚活する方も増えてきています。

Copyright(c) 「ブライダルネット」が支持される理由 All Rights Reserved.